オークションの流れ

オークションの流れを、ご説明いたします。

下見会には是非お越しください。(通常、オークション開催日の3〜4日前から開催します)
宝石の場合、カタログと実際の商品では見た目が異なる場合がありますので、実物を確認いただくことをおすすめします。
お声をいただければ、商品をお出しいたしますので、お気軽にお申し付けください。

毎回、300〜600点ほどの出品がありますので、
事前にカタログへ付箋等でチェックを入れておくことをお薦めいたします。
当日は、オークション開始時間までにオークション会場へお越し下さい。
(下見会場とオークション会場が異なる場合がありますのでご注意下さい)
初めてご参加のお客様にはご登録をお願いしております。本人確認証のご提出もお願いしておりますので、詳しくはこちらをご確認ください

通常、1時間に100〜120点ほどで進行していきます。
※ご自身の希望商品のスタートに合わせて来られる場合の目安としてください。
オークション会場の受付にて入場券をお渡し下さい。手続き後、番号を記載したパドルをお渡し致します。
会場へお入りになり、お好きな席へお座り下さい。
オークションはカタログ掲載順に(ロットナンバーの若い番号から)進行いたします。
作品が順に展示されますので、ロット番号と作品をよくご確認の上、競りにご参加ください。

競りは、オークショニアのスタート金額の宣言と共に開始します。
買い受け希望の商品が始まりましたら、パドルを高らかに挙げてください。
買い受けご希望の方が複数の場合は、オークショニアが金額を競り上げていき、その時点での金額で買い受けをご希望の方の方向を向いたり、手をかざしたりします。(競り上げの値幅はオークショニアの自由裁量ですが、目安としましては、価格の3〜10%とお考え下さい)
(例)オークショニアが「50万円! 50万円!」と言っている時に、別の方がパドルを挙げると「52万円(通常の例)」に競り上がります。
電光掲示板にも、現在の価格が表示されます。日本語がわからない場合のご参考にしてください。
競りに参加されている方が一人になった場合、ハンマー(ハンマープライス)が打たれます。
このハンマーと同時に競りは終了となり、打たれた後のビッドは無効となりますのでご注意下さい。
オークショニアが落札された方の番号を申し上げますので、パドルを再度はっきりとご提示下さい。
おおよそ、1点の競売時間は1分弱です。躊躇しているとあっという間にハンマーが打たれることもありますので、事前に「いくらまでは買おう!」と心づもりをしておくのがいいでしょう。
ご注意:受付が混み合う場合がございます。余裕を持ってお越しいただくようご協力お願いいたします。また、円滑な入場手続きを行うためにも、オークション当日前に入場をお申し込みいただき、ご持参していただきますようご協力お願いいたします。入場券をお忘れになった際には再発行も承りますが、ご本人を確認できる書類のご提示をお願いするなど別途手続きが必要になりますので、ご了承ください。
オークションに関する諸注意事項、詳細をオークション規約に記載しております。
ご参加の前に、必ずお読みください。